学習塾の名進研を選びたくなる環境

   2017/05/21

東海地域では、私立中学や私立高校の進学は名古屋市などの都心部では、私立の学校に通うことがより優れた大学に入学できる条件の1つとなっています。また、名古屋の地域は愛知県の中でも大都市に該当し多くの進学塾や学習塾そして予備校がある激戦区の地域となります。そのため数多くの学習塾や進学塾そして予備校があり、交通の便の良い駅の周囲には多くの教室が存在しています。その中で自分に適した教室を選ぶことがどのような学習方針を行っているのか事前に情報を入手することがとても重要です。最近では幸いなことにインターネットを利用して異なる塾の情報を入手することができるようになっています。このインターネットを活用して情報を入手することで、どの教室に通学するのが自分の希望する学校に入学できるか判断することができます。   

どの教室を選ぶかは、やはり通学の利便性の良い教室を選ぶことになります。大都市にある学習教室ですが、学校の授業が終わってから教室で勉強することになるため、勉強が終わるのが夜遅くになってしまいます。そのため通うのに良い環境にある教室を選ぶことになります。大手の場合には、いろんな地域に教室をオープンさせているため、同じ教育カリキュラムを採用しているため、通いやすい教室を選ぶのが長く利用できるコツになります。名古屋の駅周辺や都市部の地域では大手の学校がいろんな域に教室をオープンさせている環境になります。   

どの教室を選べば良いか悩んでしまう場合には、どのような学習形態を採用しているかリサーチすることも必要です。個別指導を中心に行っているまたは集団指導を中心に行っている教室なのかにより自分の希望する勉強スタイルを選ぶことができます。少数の個別指導が苦手な場合には集団指導を中心に行っている教室を選ぶのがストレスなく勉強を続けることができることになります。大手の名進研では、30教室以上も名古屋や岐阜市を中心にオープンさせており、集団指導を行っているため、集団で勉強する方法に抵抗がない場合にはこちらの教室を選ぶことになります。しかも、こちらの教室では、質問や自習を行うときには個別的に対応してくれるため、わからない場所や疑問がある場合には大変便利に利用できるシステムになります。   

名古屋市の大きな駅周辺には、全国的な展開を行っている大手の予備校が教室をオープンさせています。しかし、そのほとんどが大学入試を希望する人が利用する教室となっており、中学受験等を対応した教室とは、力を入れている内容が異なることになります。そのため地元で有名な教室を選ぶことで地元の私立中学や私立高校に対応した学習を行ってくれることになります。名進研でも地元の学校の入学を希望する子供たちが利用する教室として人気があります。また、このような教室も数多くオープンしているのが名古屋の都市部の状況といえます。最近では大手が、ベッドタウンの地域にも進出してきており、同じような勉強を近くが教室で利用できるメリットがあります。また、地域に密着している教室の場合には、地域で有名な進学校の合格実績を大変気にしている保護者にとっては、宣伝として昨年度の実績を発表している場合があります。子供が希望する学校の実績がある場合には、その教室を利用する方法も合格を勝ち取る手段の1つとなります。   

名進研では、通常の授業以外にも特別授業や模擬試験などを定期的に開催しており、この頃学習意欲を維持するための工夫を行っている教室になります。中学校の定期的な試験を行うことがない小学校では、これらの定期的なテストによる学力の情報はとても重要なものになります。頻繁にテストを実施している教室を選ぶことで常に自分の順位を把握することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。