名進研をはじめとする受験対応の塾はどこがよいのか

   2017/07/22

東海地方にはいろいろな学校が存在しています。その中で評判が高いのが名進研小学校などの私立の小学校です。名進研小学校は一貫校ではありませんが、理事長曰く、独自のカリキュラムで教育指導を行っているので、難関校合格を目指して勉強をすることによって受験に強い力を身に着けることができるというのです。ほかの私立小学校も特色ある教育を行っていますので各理事長の話を聞けばどのような学校であるのかが把握できるのです。

進路先を難関校に絞っている場合、私立の小学校に通っていれば受験対策が学校の授業でも行えるかもしれませんが、やはりそれだけでは不十分です。進学塾に通っている人も多くいるのです。やはり難関校を進路先として頑張っていくためには、学校でしっかりと勉強をした上に塾でもさらに勉強をして力をつけていくことで、試験をクリアして言うことができるのでしょう。もちろんすべての人が塾に通っているわけではありません、おけいこごとに力を入れている人もいるようです。しかし、受験の学年が近づいてくるとほとんどの人が塾に通っているようです。私立小学校は授業料もある程度必要になってきますし、それだけではなく寄付金も必要です。寄付金の額も決められているので入学後にその決められた寄付金を学校に支払います。授業料に寄付金、さらには塾の費用となるとかなりの経済的な負担が大きくなってしまいますが、子供が少しでも楽に志望校に入れるように考えて、私立小学校に行かせ、さらには進学塾で評判の塾に通わせてしっかりと勉強をする体制を整えているのです。

東海地方の塾にはいろいろありますが、受験を考えているのであれば難関校への合格率も高い所が良いと思うでしょう。もちろん受験に対して情報量を多く持っていて、その塾に通っている子供が難関校に多く合格をしていればわが子も同じように進んでいくことが出来るかもしれないと期待をしてしまいますが、本当に自分の子供にその塾が適しているかどうかはわかりません。大手だから、合格率が高いからと言って子供に適しているわけではありません。その塾が子供に本当に合っているかを見極めましょう。

塾には大手もあれば中堅どころ、地元に密着をした小規模なところもあります。大手だからよいということはありませんが、難関校の試験突破を目指して受験を考えているのであれば、受験に対応した指導を行っている塾に敷かなければなりません。また、受験に対しても経験豊富であれば試験に合格するためにはどのような指導をしていけばいいのかが分かっていますし、マニュアルも出来上がっているので、生徒に対して的確なアドバイスや指導をしていってくれるでしょう。さらに、一人一人に合った指導を行ってもらえれば苦手な教科を克服していくことができますし、あいまいな理解しかできていなかった単元も確実に理解できるようになっていくので、徐々に学力を上げていくことができるでしょう。

塾を決めるときには説明会などに参加をしてどのような塾であるかをきちんと調べましょう。インターネットの広告や新聞広告などだけを見て決めてはいけません。また塾には集団で教えてくれるところもあれば個別指導に対応をしているところもあります。子供の性格を考慮して塾を決めればいでしょう。手段ではなかなか自分が発揮できないようであれば集団での勉強よりも個別の指導が向いていると言えるでしょう。ライバルがいることで勉強を頑張れたり、やる気がわいてくる子であれば個別よりも集団の塾が向いていると言えます。子供に適していない塾では子供も十分に力を発揮することができないので、子供のためにもしっかりと塾をみきわめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。