東海地方の名進研をはじめとする進学塾で受験に勝つ

   2017/07/23

東海地方には受験に対応している塾が多数あります。東海地方は早くから受験の進路を意識して塾に通わせている親も多くいます。また、名進研小学校をはじめとする私立小学校もあるので、早い時期から試験を受けるために準備をしている人も多くいるのです。名進研小学校をはじめとする私立小学校の中には受験に対応をした教育を行ってくれるところもあるので、塾に通わせるだけではなく、将来難関大学へ合格できる近道を作るためにも、私立小学校に通わせて受験の勉強を早い時期から行っているのです。東海地方には色々な塾があります。受験に対応をした進学塾もあれば、学校での勉強の理解度を深めるために通う学習塾もあります。受験に勝っていくためには、受験の対策に対して経験豊富であり、さらに進路として希望する学校への情報量があるところであれば、効率の良い勉強をしていくことができるでしょう。

東海地方にある塾と言えば名進研があります。名進研は名古屋を中心に教室がある進学塾です。そのため教室も多いので生徒も数も多いですが、いい加減な指導ではなく、きちんと一人一人合った指導をしてくれるのです、進んで自分から勉強ができるようにサポートをしていってくれる塾です。希望の学校に入ることが出来るように、試験をクリアできるように導いてくれます。講師の質の高さも評判です。講師は大学生のアルバイトではなくすべて正社員の講師ですから指導力も一定以上のレベルがあります。学力が高いだけではなく人間性も見て講師にばれるかどうかを判断しているので、子供を安心して預けることができます。

日能研も東海地方にある進学塾で評判です。日本全国に展開する中学受験指導塾が日能研です。3年生から6年生までの受験に対する期間を5つのステージに分けて、そのステージごとに合わせたカリキュラムが構成されています。これによって徹底して受験に勝つようなサポートが受けられますし、きちんと学力をつけていくことができます。さらに、学力に定着を図るために、定期的な学力テスト(カリキュラムテスト)を行います。この結果によってクラス編成や席決めを行っているのです。授業に集中できるように生徒を指導する力が秀でている塾ともいえます。

大手と言われる進学塾と言えば四谷大塚でしょう。中学受験塾としての長い歴史があります。さらに、品質の高い授業とテキストを使うとして評判です。テレビCMでも四谷大塚は宣伝されているので名前だけは知っているという人も多いことでしょう。四谷大塚は、中学受験の定番教材となっているテキスト「予習シリーズ」を使って中心に授業を進めていきます。また、毎週行われるテストで定着度をチェックします。頻繁にテストをしていくことで、きちんと理解しているか、理解できていない場合にはどこでつまずいたのかを把握していくのです。受験の学年と言えば6年生ですが、四谷大塚では5年生までに中学受験に必要な学習を一通り終えます。学校では6年生で習うべきところをこの塾では5年生のうちに学ばせるのです。そうすることで6年生は時間が空いてきますから、6年生は演習問題を中心に入試対策・学校別対策を徹底していくのです。

ここで上げている塾はどの塾も東海地方の有名な学校や難関校の合格率が高いです。多くの生徒が合格を獲得しているのです。学校の勉強だけで難関校に合格していくことはむずかしいので、中学受験成功の鍵は「塾」選びにあると言えます。私立小学校に通っている場合には授業料のほかに寄付金も必要になってきます。授業料、寄付金、さらに塾の費用となればかなりのお金が必要になってきますが、子供の将来のためにも私立超ガッコに通わせたいと希望している人は多くいるようです。塾を決める際にも学校を決める際にも理事長の話を聞けばどのような所かは多少判断がつきます。HPを見て、理事長がどのような考え方をしているかをチェックしてみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。