名進研の講師はどのような感じ

 

日本全国に学習塾がありますが選択肢が多すぎて逆に、どこに子供を通わせればいいかで迷っている人もいるでしょう。
進学塾を選ぶにあたって、いくつかポイントがあります。
しかしその中でも学習塾の講師がどのような感じなのかは、教育の質を決めるにあたって重要なポイントになりえます。
進学塾の講師の質がどうなのかは、資料請求をしてパンフレットで詳しくチェックする方法があります。
そのほかにもインターネットを見てみると、予備校に関する口コミサイトもいろいろと見られます。
実際に通ったことのある人の講師の印象に関する感想なので、どこにすればいいのか絞り込むのに有力な材料になりうるでしょう。
そのほかには体験授業や見学を実施しているところも結構多いです。
このような実際に教室を体感できるイベントに参加するのもおすすめです。
教室の雰囲気はどうか、生徒はどのような人が見られるのか、講師はわかりやすく解説してくれるか、自分との相性はどうかなどいろいろな情報が入手できます。

そのほかに講師の質を確認するにあたって、裏技的な方法があるので覚えておいて損はないでしょう。
それは予備校の採用情報をチェックすることです。
求人情報を見てみると、しばしば同じ学校が案件を出していることもあります。
これは慢性的な人材不足に陥っているからと推測できます。
慢性的な人材不足に陥っている理由は、人材が定着しないからの可能性が高いです。
つまりせっかく採用しても、またすぐに離職してしまうのでまた求人募集を出さないといけなくなっているのです。
講師がどんどんやめていってしまうのは、その教室の質に問題があるからでしょう。
またいわゆるブラック企業で講師の労働時間が長すぎるなどの理由で、精神的にも肉体的にもついていけないからという可能性も考えられます。
ということは講師もいっぱいいっぱいの状態で仕事をしているので、わからないことがあってもなかなか質問できそうにない雰囲気かもしれません。
求人が頻繁に出ている教室があれば、その教室に通わせるのは慎重に検討しましょう。
「新規事業拡大につき」や「新校舎設立につき」「定期募集」などの求人広告を出している教室も見受けられます。
少なくても毎月同じところが募集を出している場合には、そこは少し危ないと思ったほうがいいでしょう。

講師の質にこだわっている予備校であれば、教育のレベルも高いと推測できます。
講師をどのように育成しているかをチェックすることは大事です。
東海地区を中心として複数の教室を展開している名進研では、講師のレベルを保つために研修プログラムを充実させています。
講師といわれると、学生がアルバイトで授業を行っているところも結構あります。
しかし名進研では、アルバイト講師を使わずプロの講師のみが授業を担当しています。

例えば新卒の講師に対しては、新人研修を実施して、講師として教えるにあたっての基本的な知識やスキルを身に付けます。
その後トレーナーがついて、OJTを行ってより実戦形式に近い研修を行って、教室デビューという形をとっています。
模擬授業を行って、教師が生徒役になっていろいろなアドバイスを受けます。
このように手厚く講師を実施することで、一定レベル以上の講師を育成しているのです。

そのほかにも定期的に研修や勉強会を実施しています。
このように講師のレベルを低下させないように、いろいろな工夫を実施しています。
講師の育成に積極的な教室であれば、子供の学力アップも十分期待できるでしょう。
いくらカリキュラムやテキストについて優れたものが準備されていても講師のスキルがそこまで達していなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。